どれぐらいの期間が必要なのか

キャリアパスという人材育成制度があります。
これはどのような仕事をどれぐらいの期間に従事し、仕事の内容をどれだけ習熟しているのかといったことが、将来の職位や職務に就任することが出来るのではないか、といった人材を配置するときのルートのことを指すそうです。
つまり自分が将来目指すポジションの役職になるためには、どのような実務経験が必要なのか、またその期間はどれぐらい必要なのか、また習熟していると判断するのは誰なのかをしっかり見極めて、どのように考えるかが見えてきます。

キャリアパスはインフラエンジニアにとっても重要な課題ではありますが、まずは自分がどのようなポジションにいたいのかといった具体的な展望がなくてはいけません。
インフラエンジニアは年々需要も増えていますので、インフラエンジニアのスペシャリストとして進むのも良いと思います。

または管理職などのリーダーとしての立場を目指すことも出来ます。
そのためにはどちらも努力が必要ですし、勉強をしなくてはいけないことがあります。
まずは自分が進みたい方向性を確立させることが大切です。
そしてその目標を達成するためには、どのような実務や経験が必要なのか、またどれぐらいの期間、その業務に従事しなくてはいけないのか、そして必要な業務の習熟度をいかに上げて、評価につなげていくかを考えなくてはいけません。

簡単そうで難しいことですが、必ず将来の自分にとって役に立つ考え方になりますので、早い段階で自分の進むべき道を見つけ出すことが大切です。
また大きな将来の目標なども視野に入れて考えてみるのもよいでしょう。
インフラエンジニアとして、また管理職として、そしてその将来について考えておくと良いのではないでしょうか。気になる方は、まずはこちらの《キャリアパスを広げよう!インフラエンジニア編》というサイトを覗いてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です